腕時計」カテゴリーアーカイブ

VOGAウオッチミュージアムをなぜ建設したのか その2

「博物館の発想は知人からだった」 弁護士の知人が家に来た時、時計達を見せたら数と質に驚き、これだけあるなら博物館を作ったらと言われ発想に驚いた。   そうか博物館に収集してきた時計達を展示したら、屋根裏に死んで … 続きを読む

カテゴリー: 腕時計 | VOGAウオッチミュージアムをなぜ建設したのか その2 はコメントを受け付けていません。

VOGAウオッチミュージアムをなぜ建設したのか。その1

「可哀そうな時計達」   1981年、アメリカに渡り偶然出会ったアンティーク時計の魅力に惹かれ、アンティーク時計の収集を始めましたが、今と違いネットが無い時代で、誰も市場価格が分からず、売る方も買う方も随分大ま … 続きを読む

カテゴリー: 時計博物館建設に向けて。, 腕時計 | VOGAウオッチミュージアムをなぜ建設したのか。その1 はコメントを受け付けていません。

アンティーク レディースロレックス 18金ホワイトゴールド ダイヤモンド付き コードバンド 60年代

今回紹介するのは、60年代盛んに作られたロレックスのファション腕時計の一つです。   戦後の50年代~60年代に掛けて流行していたレディース腕時計は、通称南京虫と呼ばれていた小振りの時計でした。   現代流行し … 続きを読む

カテゴリー: ROLEX, メンズ腕時計 | アンティーク レディースロレックス 18金ホワイトゴールド ダイヤモンド付き コードバンド 60年代 はコメントを受け付けていません。

アンティーク レディースGRUEN (グルーエン又はグリュエン)カーベックス 金張り 手巻 50年代

  今回紹介するのは、アメリカを代表する時計メーカーの一つGRUENの腕時計です。                 GRUEN社は … 続きを読む

カテゴリー: GRUEN, レディース腕時計, 腕時計 | アンティーク レディースGRUEN (グルーエン又はグリュエン)カーベックス 金張り 手巻 50年代 はコメントを受け付けていません。

ダイヤルの修復(リダイヤル)はどうして起こるのか、その価値は?

ロレックス オイスター コンビ 手巻 30年代 懐中時計の文字盤は殆どが陶製で、割れたりヒビが入らない限り、いつまでも新品の状態を保っている、ところが腕時計が大量生産される30年代中期に入ると、コストの高い陶文字盤はすた … 続きを読む

カテゴリー: ROLEX, メンズ腕時計, 腕時計 | ダイヤルの修復(リダイヤル)はどうして起こるのか、その価値は? はコメントを受け付けていません。