時計博物館建設に向けて。」カテゴリーアーカイブ

VOGAウオッチミュージアムをなぜ建設したのか その4

誰にも理解してもらえない   誰にも理解してもらえないが、やはりこの子達を日の当たる場所に戻してやろうと思った、時計ビジネスで築いたお金を全て叩いても日の当たる場所を作ろう、それが時計への恩返しだと決意した。 … 続きを読む

カテゴリー: 時計博物館建設に向けて。 | VOGAウオッチミュージアムをなぜ建設したのか その4 はコメントを受け付けていません。

VOGAウオッチミュージアムをなぜ建設したのか その3

VOGAウオッチミュージアムをなぜ建設したのか その3 「すべて寄付するから塊りで残して!悲痛な叫び」   博物館建設は頓挫したがコラムは続けて書いていた、屋根裏から時計を出し1本書いては又戻していった。   … 続きを読む

カテゴリー: 時計博物館建設に向けて。 | VOGAウオッチミュージアムをなぜ建設したのか その3 はコメントを受け付けていません。

VOGAウオッチミュージアムをなぜ建設したのか。その1

「可哀そうな時計達」   1981年、アメリカに渡り偶然出会ったアンティーク時計の魅力に惹かれ、アンティーク時計の収集を始めましたが、今と違いネットが無い時代で、誰も市場価格が分からず、売る方も買う方も随分大ま … 続きを読む

カテゴリー: 時計博物館建設に向けて。, 腕時計 | VOGAウオッチミュージアムをなぜ建設したのか。その1 はコメントを受け付けていません。