VOGAウオッチミュージアムの建設 その5

なぜか追い風が吹いてきた

悩み続けていたある日、懇意にしている不動産屋の知人から、「広島のマンションを買いたい人がいるけど売りませんか」と電話があった。

売却を頼んでいたわけでは無く、なぜ悩んでいる時にこうもタイミングよく電話があるのだろう?タイミングが良すぎる、人生何でもそうだが、動かないと何も起こらない,グズグズ悩んでいても何も進行しない、渡りに船と売る事にした、それと同時に保有してる株も上昇を始めていった。

 

何が何やら分からない、どんどん追い風が吹いて来る、時計達が日の当たる所に移る為に、後押ししているのだろうか?

何かの力が動いている、私の知らない所で得体のしれない何かが動いている、そうとしか考えられない、なぜタイミングよく動き始めたのだろう。

利益が出た株から売却を始め、用意出来る建設資金の総額が、思ってた以上に多くなっていたが、肝心の建設用地が決まっていない。

 

ある夏の暑い日、江津市(ごうつし)に用があって出掛けた、浜田市から江津市に行く途中に、中国地方最大のアクアス水族館がある、その脇に閉店したコンビニ「ポプラ」があり、その前には大きな砂浜が広がり、島根自然公園に指定された波子(はし)海水浴場がある、秋から冬は荒波を求めて多くのサーファーが集まる、絶好の観光地なのだがなぜか誰も店を出さない。

いつも勿体ないと思いながら通過していたら、コンビニに売りますと張り紙がしてあった。

目を疑った、即懇意にしている不動産屋にすぐに電話を入れた。

購入した波子のコンビニ跡地↑

用地の確保が出来たが、、、。

 追い風に乗れる様、すぐに行動に移したのがよかったのか、用地購入はスムーズに行った。

購入した土地は500坪、コンビニを取り壊し更地にしてから、博物館を建設しよう。

何度も下見に行った、太陽の向きや風向き、建物をイメージし国道からの進入路、駐車場の位置など大まかな配置を決めていった。

展示するスペースはどれくらい必要か試算を始めた、時計の展示を500本に限定し間隔を20cmにした場合、必要な長さは100m、ショーケースを2段にしたら、ショーケースの長さは50m、両サイドの壁にショーケースを置き、中央に平台のショーケースを5台置いたら、長さ20m、幅6mの展示スペースで500本は展示出来る。

必要な展示スペースと受付、事務所、トイレを設置した場合の大まかな建物をイメージし、全体の建物は博物館にふさわしい設計を専門家にしてもらう事にした。

土地や建物は自己資金で何とかなるが、開館後の人件費、固定資産税や光熱費などの経費は、時計博物館の入場料でやっていけるのだろうか?

建設が現実味を帯びてくると、不安が付きまとった、博物館建設を決めてから何度も試算を繰り返してきた。

切符販売と管理を兼ねた人の人件費、固定資産税、光熱費、セキュリティー代、ゴミ代、火災保険、固定電話代等々で年間360万は掛かる。

入館料を500円にしたら年間7600人が必要になる、1000円でも3800人を見込めないと赤字になる、東京ではまだしも島根では無理がある。

入場料だけでは維持管理費に無理があると結論を出した、入場料以外に収入を見込める物を探す必要があった。

入館者の休憩を兼ねてカフェを併設し、飲み物と軽食を出し、ドッグランも併設したら、何とかやっていけるかもしれない。

オープンカフェとドッグランを併設すれば、夏場の海水浴客やアクアスからの家族連れを呼べる可能性が出て来る、敷地は十分にある余分な資金は株価上昇分で何とかなりそうだ、可能性に賭けるしかない。

博物館はリピーターが望めないが、カフェはやり方次第でリピーターがある、何か光が見えてきた。

設計見積もり依頼

設計依頼は2社を選んだ、1社は幼馴染が務めている大手建設会社、もう1社は個人住宅で定評のある建設会社を選んだ。

建坪は70坪で税込み6500万の予算で、博物館に40席のカフェを兼ね備え、周りにドッグランを併設した、大まかなデザインを頼んだ、正直に2社にお願いしたので、良いデザインを採用する旨を伝え、話し合いを始めていった。

大手の建設会社には多くの友人がいる、博物館建設の話をすると、設計の話より私を心配してくれ、皆口をそろえて止めた方が良いと助言をしてくれる、何度も自問自答しやると決めたのだ、生半可な気持ちで博物館を建設するのではない、助言は受け入れない、それよりいい博物館の設計をして欲しいと頼み込んだ。

個人住宅に定評のある建設会社にも同じ条件で、設計見積もりを出してもらった。

続く


カテゴリー: 腕時計 パーマリンク