修復をしようかやめようか迷いに迷った、アンティーク レディース パテックフリップ 40年代

SONY DSC

SONY DSC

 

今回紹介するのは、滅多に出ないレディース、ステンレス ケースのパテックフリップです。

 

ステンレスケースのパテックフリップは、生産個数が少なくなかなか見つからない、ダイヤル劣化により通常の約半額の値段だったが、ダイヤルの状態が悪すぎて迷いに迷った、、迷った末に出した結論は希少性を重視して購入だった。

 

 

SONY DSC

SONY DSC

 

 

スナッチバックの非防水のケースは、水分がケース内に進入し易く、特にレディースは小さい分、少しの水分でもダイヤルや機械が受けるダメージが大きい、その為レディースの腕時計はダイヤルが痛んだのが多い。

(←ダメージを受けたダイヤル。)

 

 

時計博物館建設に向けて時計の整理を進めているが、この時計を展示するかしないか又しても迷った、レディースのステンレス パテックフリップはこの1本しかなく展示を決めた。

SONY DSC

SONY DSC

 

 

オリジナル性を重視し汚いまま展示するか、綺麗にリダイヤルして展示するか又しても難題が出て来た、ひと昔前のリダイヤル技術は幼稚で、修復後一目でリダイヤルだと分かる程出来が悪かった、その為リダイヤルは忌み嫌われていた。

 

 

 

SONY DSC

SONY DSC

 

 

近年の修復技術を信用しダイヤルを綺麗にしてもらう事にした、費用は3万円ほど掛かったが、綺麗に修復してもらった。

(←修復後のダイヤル)

 

 

 

SONY DSC

SONY DSC

 

やはり時計は汚いオリジナルより、お金は掛かるが綺麗に修復したリダイヤルの方が気持ちがいい。

 

この時計も博物館建設後展示予定です。

時計は実に面白い。


カテゴリー: PATEK PHILIPPE, レディース腕時計, 腕時計 パーマリンク