NO12 ブローバ 70年代 クロノグラフ 手巻 

SONY DSC

今回紹介するのはブローバのクロノグラフです。

ブローバの歴史はアメリカの時計産業の歴史と言っても過言ではないと思っている、1875年設立以来、世界初のラジオやテレビによる宣伝、大二次世界大戦ではアメリカ軍に正規採用されたミリタリー時計は多くの兵士を助け勝利へと導き、1960年には世界初の電池式腕時計「アキュトロン」の発売、アキュトロンは世界中で4000万本以上を販売し、世界の時計業界を代表するメーカーへと成長を続けた。

SONY DSC

 

70年代セイコー社がアキュトロンに対抗するクォーツを開発、アキュトロンは競争に負け会社は急速に衰退していく。

その頃発売された写真のクロノグラフは、70年代の流行を取り入れた大型でカラフルなモデルです、このクロノグラフを最後にブローバらしい時計は姿を消し、創業133年後の2008年シチズンによって買収された。

 

アメリカの時計産業を支えたブローバ社に限らず、ウオルサム、エルジン、グルーエンなど多くのメーカーがクォーツショックで衰退していく。

 

時計は実に面白い。


カテゴリー: BULOVA, アメリカンウオッチ, クロノグラフ, メンズ腕時計, 腕時計 パーマリンク