アンティーク レディースロレックス 18金ホワイトゴールド ダイヤモンド付き コードバンド 60年代

SONY DSC

SONY DSC

今回紹介するのは、60年代盛んに作られたロレックスのファション腕時計の一つです。

 

戦後の50年代~60年代に掛けて流行していたレディース腕時計は、通称南京虫と呼ばれていた小振りの時計でした。

 

SONY DSC

SONY DSC

現代流行している大振りの腕時計と比べると、時計が自己主張する事無く、主人のセンスを陰からそっと支えてくれている気がします。

 

現代では動力が電池になり、電池が切れるまで何もしなくて動き続ける物や、腕にしているだけでネジを巻く、自動巻き機能が付いた物が主流で手が掛かりません。

しかし、ひと昔前の腕時計は機械式の手巻きが主流で、自分でネジを巻かなくては動きません、面倒ですがそれも又楽しみの一つです。

 

 

SONY DSC

SONY DSC

このようなダイヤモンドを散りばめた豪華な腕時計は、現代では手間が掛かり過ぎコストが合わない為、アンティーク腕時計でしか見る事が出来ません。

バンドはコードバンドで自分の腕回りの長さに合わせるのが簡単で、自分で調整できるのが利点です。

このタイプの腕時計は防水機能が付いていませんので注意が必要です、一滴でも水が入ると機械に錆が発生しダイヤルも駄目になります、万が一ガラスが曇り始めたら水が入っ証拠です、即刻購入したお店に相談して下さい。

 

この腕時計も博物館建設後展示予定です。

時計は実に面白い。

 

 

カテゴリー: ROLEX, メンズ腕時計 | アンティーク レディースロレックス 18金ホワイトゴールド ダイヤモンド付き コードバンド 60年代 はコメントを受け付けていません。

アンティーク レディースロレックス 18金ホワイトゴールド ダイヤモンドベゼル 60年代

SONY DSC

SONY DSC

今回紹介するのは、60年代盛んに作られたロレックスのファション腕時計の一つです。

 

ロレックスのファッション腕時計は、90年代中期まで日本に殆ど紹介さていなかった、松嶋菜々子主演の「やまとなでしこ」でカメレオンが紹介され、カメレオンが大ブレーク、次第に日本にも数多くのモデルが入ってくるようになっていきます。

 

SONY DSC

SONY DSC

この腕時計はバンド&ケースは18金ホワイトゴールド、ベゼルに数多くのダイヤモンドがちりばめられ、豪華な作りになっています。

 

 

SONY DSC

SONY DSC

機械は手巻なのでネジをいっぱいに巻いて約3日間動きます、ケースは非防水なので水回りでは時計を外した方が良いでしょう、アンティーク時計の多くは非防水、手巻が一般的なので使い方をお店の方によく聞いた方が無難だと思います。

 

 

 

SONY DSC

SONY DSC

又、この腕時計はケースとバンドが一体型なのでバンドの長さ調整がお店の方でないと出来ません、短くするのは出来ますが長くするのは難しいので、購入する前に長さを調べた方が良いと思います。

 

この腕時計を博物館建設後展示予定です。

時計は実に面白い。

カテゴリー: ROLEX | アンティーク レディースロレックス 18金ホワイトゴールド ダイヤモンドベゼル 60年代 はコメントを受け付けていません。

アンティーク ディズニーキャラクター腕時計 ジミニー・クリケット 40年代

SONY DSC

SONY DSC

 

今回紹介するのは、ピノキオを人として正しい道に導く指南役、コオロギのジミニー・クリケットの腕時計です。

 

1937年、大ヒットした白雪姫に続くヒット映画になったピノキオは、カルロ・コッローディー原作の「ピノッキオの冒険」を元に、夢と冒険、人としてあるべき姿をテンポよく描いた冒険物語で、1940年に初公開されました。

 

 

SONY DSC

 

 

脇役のジミニー・クリケットの腕時計は市場では滅多に見かけない時計の一つです、同年代のピノキオの腕時計は未使用箱付で、これらの腕時計はアメリカ在住時の80年代~2000年代の30年間に集めた時計達です。

 

 

 

SONY DSCこれらの古い時計達は今となっては貴重で、これらの時計達をこのままの状態で後世に残すため、博物館を自費で建設し保存していくつもりです、これらの時計達も博物館建設後展示予定です。

 

 

SONY DSC

SONY DSC

 

左は70年代のフランス製置時計です。

時計は実に面白い。

カテゴリー: キャラクター時計 | アンティーク ディズニーキャラクター腕時計 ジミニー・クリケット 40年代 はコメントを受け付けていません。

アンティーク ディズニーキャラクター腕時計 白雪姫のおとぼけドーピー 40年代

SONY DSC

SONY DSC

Antique Character Watch Snow White 40’s

 

今回紹介するのは、白雪姫に出て来る7人の小人達の一人、おとぼけドーピーの腕時計です。

白雪姫のキャラクター時計は数多くあり、年代によって様々なデザインがありますが、おとぼけドーピー単体の腕時計は珍しいです。

この腕時計は40年代に発売されました。

 

 

 

SONY DSC

SONY DSC

 

7人の小人達でただ一人髭を生やさず、一言もしゃべらないドーピー、おとぼけの性格で全体の雰囲気を和ませてくれるのだが、なぜただ一人髭を生やしていないのだろうか、なぜ一言もしゃべらないのだろう?

髭を生やしていない理由は、髭は知力を表し、おとぼけドーピーは知力に欠けるので髭を生やしていない。

「この置時計は70年代前半です。」

 

 

SONY DSC

SONY DSC

しゃべらない理由は、ドーピー役にぴったりの声優が見つからなかったのが実話らしいのですが、なんだかこじつけみたいですね。

白雪姫は1937年に公開された、ディズニー制作の世界初カラー長編アニメで、制作年数は4年、製作費170万ドルは当時として桁外れだった、日本では1950年に公開されています、当時のアニメの動きはギクシャクしているのが普通でしたが、この映画は動きが滑らかで今観ても30年代に作られた映画とは思えない程です。

「右の腕時計は60年代です。」

 

 

 

SONY DSC

SONY DSC

白雪姫は下記のサイトで無料で観る事が出来ます。

https://www.youtube.com/watch?v=obhb5cVmy7k

「左の腕時計は50年代です。」

これらの時計達も博物館建設後展示予定です。

時計は実に面白い。

カテゴリー: キャラクター時計 | アンティーク ディズニーキャラクター腕時計 白雪姫のおとぼけドーピー 40年代 はコメントを受け付けていません。

アンティーク ディズニーキャラクター腕時計 ボンゴ 40年代

SONY DSC

SONY DSC

Antique Character Watch「 FUN AND FANCY FREE BONGO 」40’s

 

今回紹介するのは、ウォルト・デズニーのキャラクター ボンゴの腕時計です。

 

ボンゴはファン・アンド・ファンシー・フリー{FUN AND FANCY FREE}の第一話に出て来る小熊です。

 

ファン・アンド・ファンシー・フリーは1947年公開された映画で、ピノキオに出て来るジミニー・クリケットが案内役で映画が始まり、2話構成になっていて第一話にサーカスの人気者だった小熊のボンゴが主役で登場します。

SONY DSC

SONY DSC

この映画は、下記サイトで無料で見る事が出来ます。

https://www.youtube.com/watch?v=ZeEMrVRQZRc

[左はジミニー・クリケットの腕時計です。]

ボンゴの時計はどこで入手したのか忘れてしまいましたが、80年代~2000年代の30年間アメリカ在住時、時計ショーは元より、フリーマーケット、トイショー、ガンショー、ジュエリーショー、アンティクショーと様々な所に出掛け、ありとあらゆるジャンルのアンティーク時計を集めていまたので、どこかのショーで入手したのでしょう。

 

子供向けのキャラクター時計は、機械が使い捨ての安い物を使っているので壊れやすく、良い状態の時計は中々見つかりません、40年代に発売されたこの時計は売れ残ったのか、箱は無いですがタグが付いた非常に良い状態で見つけました。

 

良い状態で保存出来、後世にこの状態で残していきたいと思っています、この時計も博物館建設後展示予定です。

時計は実に面白い。

 

カテゴリー: キャラクター時計 | アンティーク ディズニーキャラクター腕時計 ボンゴ 40年代 はコメントを受け付けていません。